法人のお客さまへ

Japan Travel Guide logo

タイアップなどについてのお問い合わせ
株式会社NTTアド

info@japan-travelguide.jp

Only available in Japanese

今すぐダウンロード

Google playをご使用になれない方は、
こちらからダウンロードしてください。
このアプリケーションプログラムのダウンロードや使用に関しては、
すべてのユーザーご自身の責任となります。

Japan Travel Guide
 (ジャパントラベルガイド)
 
だから、できること

プロモーションを簡単に
立ち上げられます!

コンテンツは6言語に対応

日本語・英語・簡体字・繁体字・韓国語・タイ語に対応。
6言語で訪日外国人旅行者の
約9割をカバーできます。

2017年の訪日外国人旅行者数
および割合(国・地域別)

国・地域人数割合(%)
中国735万人25.6
韓国714万人24.9
台湾456万人15.9
香港223万人7.8
米国137万人4.8
タイ98万人3.4
豪州49万人1.7
マレーシア43万人1.5
国・地域人数割合(%)
フィリピン42万人1.5
シンガポール40万人1.4
インドネシア35万人1.2
英国31万人1.1
ベトナム30万人1.1
カナダ30万人1.1
フランス26万人0.9
ドイツ19万人0.7

日本政府観光局(JNTO)より作成。千人以下は切り捨て。

  • 集客プロモーション

    1

  • PUSH配信で
    効果的に集客

    アプリのPUSH配信機能を活用して、ユーザーに情報を発信。
    お店やイベントへの
    集客を強力にサポートします。

PUSH配信
  • 集客プロモーション

    2

  • 観光コンテンツで街の
    周遊を促進

    訪日観光客が自然に回遊できるような特集記事や
    オススメスポットの紹介により、
    特別感と期待感を醸成します。

特集記事
  • 集客プロモーション

    3

  • スタンプラリー機能で
    回遊を促進

    観光スポットを巡るスタンプラリー機能を活用して、
    回遊を楽しみながら消費の促進へとつなげていきます。

スタンプラリー機能

ログデータによるきめ細かい効果分析

アプリの機能で収集できるビッグデータを
活用した詳細な各種分析が可能。
取組の最適化を実現します。

  • 効果分析

    1

  • 滞在分析

    滞在分析では主な訪問地が分かるだけでなく、
    国籍別で見ることで固有のスポットが分かります。

滞在分析
  • 効果分析

    2

  • 立寄り分析

    立寄り分析にて、どのエリアをどの順番で
    訪問したのかという細かい移動経路を明らかにします。

立寄り分析
  • 効果分析

    3

  • 旅程分析

    分析エリア圏内で取得したGPS情報から旅程を算出。
    分析範囲を変えることで得られる情報が増していきます。

狭域の場合

旅程分析-狭域の場合

広域の場合

旅程分析-広域の場合
  • 効果分析

    4

  • 都市間相関分析

    都市間相関分析にて、多数の都市間における
    利用者の移動の多寡を明らかにします。

都市間相関分析
  • 効果分析

    5

  • アプリ閲覧状況分析

    アプリの閲覧データと行動データから、
    国籍別の周遊傾向や来日目的を明らかにします。

アプリ閲覧状況分析
  • 効果分析

    6

  • SNS分析

    SNSの検証による定性分析が可能となります。

SNS分析
  • 効果分析

    7

  • インバウンド志向分析

    SNSとGPSのデータのギャップに着目し課題を発見します。また、SNSユーザーを観光クラスター分類し類似性や相関性から課題解決のヒントを探ります。

データのギャップから課題を発見

課題発見のために、データから導き出されるギャップ(差異)を探ります。SNSとGPSのデータから「発言量が多いけれども訪問数が少ない」、SNS単体で「発言量が少ないけれども評判が良い」など、データのギャップを課題点として洗い出します。

  • 訪問数が少ないが、話題にされているスポットSNSxGPSのギャップ
  • 話題にされていないが、訪問者の評判は良いスポットSNSのギャップ

※画面はイメージです。実際の表示とは異なる場合があります。

課題解決に向けたヒントの探索

課題解決の糸口を掴むためには、その地域に何を求めて来訪しているのかを把握することが重要となります。

SNSユーザの志向性から観光目的を推察
ユーザーの特性ごとに「観光クラスター分類」し、来訪の多いクラスターの種類により、観光目的を推測します。例えば「買い物好き志向」の訪問が多い地域は、ショッピングが来訪目的であると分析します。

国籍、志向性、観光スポットの相関性をマッピング
コレスポンデンス分析(各要素の類似性を距離にしてグラフ化)により、「似ている要素」を可視化します。

他の観光地との位置関係や、クラスター群、国籍の近さを計ることで、課題解決のヒントとなります。

類似性を把握することで課題解決のヒントにする

コレスポンデンス分析例(国籍×観光クラスター)

※画面はイメージです。実際の表示とは異なる場合があります。

動画で見る、集客プロモーションと効果分析

訪日外国人向けプロモーション編

訪日外国人向けプロモーション編

日本国内における動態分析編

日本国内における動態分析編

今すぐダウンロード

Google playをご使用になれない方は、
こちらからダウンロードしてください。
このアプリケーションプログラムのダウンロードや使用に関しては、
すべてのユーザーご自身の責任となります。

タイアップなどについてのお問い合わせ 
株式会社NTTアド

info@japan-travelguide.jp